アクアに乗って、燃費が良い事のメリットを体感!

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

アクアの燃費は神クラスに良い

車好きの皆さん、「ハイブリッド車って、なんか車っぽくなくて嫌だな~」なんて思った事はありませんか?

実は私もその一人でした(笑)ハイブリッドはエンジン音が小さくて気分が乗らない、加速感にちょっと違和感を感じる、MT車がほとんど無い、と言う風に思っていたのです。

ですが、そんな私が会社の事情でトヨタの「アクア」に乗り換えたのです。

そもそもアクアにそんなに良いイメージを持っていなかった私ですが、ぜひこのアクアについてご紹介したいと思います。

燃費が良い=たくさん乗れる

今の世の中、車はとにかく「燃費が良い」がステータスになっていますよね。

0.1km/Lを競うようなこの時代の中でも、正直私はそんなに燃費を気にしていませんでした。

(もちろんガソリンは無駄遣いしたくないですし、出来る限り安く抑えたいですよ!)

ところが、燃費が良い車に乗ると遠出するのが本当に楽しくなります。

例えば片道2時間程度の場所であれば、給油無しで余裕で帰ってこれます。

ガソリンが減らない、給油の手間が無い、となると、休みの日に気軽に遠出できるようになるのです。

ガソリン代を抑えるために燃費の良い車に乗る、というより、遠出をたくさん楽しむために燃費の良い車に乗る、というような発想でアクアを選ぶのも良いかと思います。

アイドリングストップで、よりくつろげる空間

例えば誰かを待っている時、または仕事中に空き時間が出た時、車の中でのんびりする時間ってありますよね。
アクアは自動的にアイドリングストップがかかるのですが、その瞬間、社内は本当に静かになります。

ナビでテレビを見ていたり、音楽を聞いてたりしている時は特に、「この静かな空間は本当に車内か?」と思うぐらいです。

しかもアイドリングストップも結構長い時間(数分程度)続くので、非常に快適な空間で過ごす事ができます。

雪国でも意外と対応できる

雪の降らない地域の方にはイメージしづらいかもしれませんが、雪国では「4WDしかありえない!」という方が結構いらっしゃいます。
FFやFRは雪道に弱いというイメージがあるのです。

ですが、FFのアクアでも問題なく過ごせます。

道路がツルツルのブラックアイスバーンやミラーバーン路面になっている時はもちろん滑りますが、それは4WDも同じです。
逆にアクアが弱いのは、ザクザク雪や湿った雪が積もった場所です。

それでも、ひと冬越して本当にスタックして困ったのは1度あるか無いかですね。

あ、ちなみに小さい車ながら、車内にスキー板を積む事もできるんです

サーキットで走るのもOK

サーキットで走る事を趣味としている方でも、アクアで十分楽しめます。

燃費向上のため車体を極限まで軽くしてあるので、余程大きなコースでなければ楽しく走る事ができます。
(十勝スピードウェィのジュニアコース等)

さすがにメインストレートでは抜かされてしまいますが・・・VSCの力を借りれば、コーナリングは
こちらに分がありますよ(笑)

アクアのここが良くなればなぁ・・・

まず気になるのは、シートの安っぽさですね・・・。

基本的にアクアは、「燃費向上・価格は抑える」を目標に作られた車ですので、内装の質感が落ちてしまうのは仕方がないです。
ですが、シートの固さはもちろん、男性にとってはシート幅が窮屈であるというのも辛いですね。

長時間ドライブをすると、腰が痛くなってしまう事もあります。

また、雪国限定ではありますが「TRC(トラクションコントロール)」を任意で切る事ができると良いですね。雪道でスタックすると、TRCが邪魔をして勢いよく脱出する事ができないのです。
まあ雪国の人の事情なんてメーカーの方はあまり知らないでしょうが・・・

最後に、後席のカップホルダー問題(笑)
なんと後席の人から手が届くカップホルダーは、サイドブレーキ後ろの一つしかないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)