ブームやステータスでハイブリッドカーを購入?それは間違いです!

ハイブリッドカー購入は間違い?

私は何カ所かのカーディーラーで聞きましたが、「私はハイブリッドカーで地球環境に優しくしています。」というポーズ(アピール)。

あるいはこれに類することを購入理由としている、ハイブリッドカー・オーナーが少なく無いそうです。

確かに時間軸である断片を取れば排気ガスは出ず、その分熱も出ない。

排気ガスが出ないから周囲への影響は少ないし、地球温暖化抑止にも有効となります。

また、オーナーにしてみれば、乗り方にも寄りますが燃料代が半減する。

確かに、この構図はあっています。

しかし、ハイブリッドカーを維持する費用は、その期間が長ければ長いほどガソリン車よりも高額になります。(これも乗り方に寄ります)

どうせ最初の車検で買い換えるから、そんなの関係ない、なんて言ってるオーナーさんは最悪です。
環境に優しいどころか、環境破壊の先進者です。

通常のガソリン車・ディーゼル車に使われているバッテリーはリサイクルが確立されているので、正しく処分さえすれば問題になりません。
しかし、ハイブリッドカーに使われている「リチウムイオンバッテリー」の寿命は5年で、リサイクルができません。
リサイクルが出来ないという事は、廃棄物として蓄えることしかできません。

つまり、原子力発電の核燃料と同じ理屈になります。

将来的には商業レベルでリサイクル技術が確率されるかもしれませんが、その目処はまだ立っていません。

つまり、いつまで廃棄物として保管すれば良いのか。
その為のスペースはどれくらい必要で、安全に保管し続けるにはどのような設備がいるのか不明なのです。

当然ですが、野ざらしにしていたら、バッテリーケースが劣化し、乾電池と同じような液ダレ現象が起き得ます。

もし、ブームに乗ってハイブリッドカーに乗っている方の中に「原発反対」を唱えている方がいたら、それこそ大馬鹿者です。
というより、もはや馬鹿で片付けられるような問題ではないのです。

であるなら、リサイクル率の高いガソリン車、ディーゼル車の方が、圧倒的に環境に優しいことになります。

無論湯水のように燃料を食う燃費の悪いエンジン・自動車は論外です。
これから新車・中古車を問わず車を購入される方は、是非ともご自身の車の使い方と、処分した後どうなるかを、将来にわたって良くシミュレーションし、本当に環境に優しい車は何か、良く検討して欲しいと思います。

話を自動車保険に変えますが、ハイブリッドカーはエコカー割引があり保険料が安くなります。
しかし、ハイブリッドカーのエコカー割引はおかしいと思いませんか?

衝突防止装置付なら事故の回避/軽減が図れるので保険料の割引は理解できます。
しかし、ハイブリッドカーもガソリン車も運転するのは人です。

人だけが運転操作をするのですから、事故リスクは全く同じです。

むしろ低速時にバッテリー走行するハイブリッドカーの方が、歩行者や自転車に気付かれ難く、事故のリスクは高くなります。
特に若い人はイヤホンで音楽を聞いていたり、スマホの画面を凝視している割合が高いので、その確率は更に高いはずです。

因みに、ハイブリッドカーにはバッテリー走行時用の擬音を発せられますが、殆どの運転手がオフにしているので、無意味な機能です。

自動車保険会社も契約を取るためにあの手この手を考えることは良いですが、本質である事故リスクを真剣に考え、公平性を保って欲しいと思います。

なお、このような意見はネット上にいくらでもあります。

無論反対意見もあります。
そういった意見をご自身で良く吟味し、カーディーラーのセールスマンの話を鵜呑みにせず、良く考えて車を購入して欲しいですね。

もし事故車を下取りしてハイブリッドカーや、普通車を売る場合は専門業者におねがいしたいですね。

アルテッツァは最高の相棒|6速マニュアルが刺激的

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%a1%e3%82%b5%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

トヨタ アルテッツァは走りがいいFR

私の現在の愛車、トヨタのアルテッツァをご紹介させて頂きます。

私がアルテッツァを購入したのは今からちょうど2年前で、車屋さんに勤めている友人に探して貰い手元に届きました。

アルテッツァに決めた理由は、元々大好きな車でいつかは所有してドライブをたくさんしたいと言う理由が1つ、もう1つは不人気車種であり、巷では遅いしスポーツセダンというには程遠い車であるという評判しか聞かなかったため自分でアルテッツァがどんな車なのか知りたかったという理由です。

友人には程度の良い車両が見つかるまでは買わない旨を伝えていましたが、今のアルテッツァは比較的早く見つかり値段も予算内であったので即決しました。
初めて乗る日は期待と不安でいっぱいでした。

初めてのセダン、初めての後輪駆動車、初めての6速マニュアルと初めてばかりでちゃんと乗れるのか、ぶつけたりしないだろうかと乗り込むまでかなりドキドキしていたのを今でも鮮明に覚えています。
いざ運転席に座ると、外から見るよりかかなり小さい事に驚きました。

セダンタイプの車は教習所以来でしたが、かなり見切りが良くセダンと運転しているとはとても思えない位視界も広かったので運転や駐車はかなり楽に出来ました。

また、遅いという評判とは裏腹に加速は程よく、高速への合流も楽にできたので遅いというイメージはありませんでした。

アルテッツァは燃費が悪いと言われていますが、私の車はほぼカタログ値通りの燃費を街乗りで出してくるので悪いとも思いませんでした。

メンテナンスはオイル交換などを5000キロ毎にきっちり行う、洗車やタイヤの空気圧点検はこまめにするという程度で特別な整備などはしていません。

年末に走行距離が10万キロを超えたのでタイミングベルトやウォーターポンプ、プラグの交換をディーラーにてしてもらいました。

値段は約7万円で平均的な値段かと思います。

乗り始めて2年経過して、現在出ている不具合は運転席側のパワーウィンドウモーターが故障しているのみで、他は全く異常がありません。

モーター故障も経年劣化から来るものだという事で近々に控えている車検時に併せて交換してもらうつもりでいます。

アルテッツァはとても素直で運転が楽な車ですので、初心者や女性でも楽に扱える車であると感じます。

興味がある方や所有してみたい方は是非試乗して頂きたいです。
ただし、アルテッツァはもうかなり前の車ですので新車はありません。

中古相場がかなり安く敷居の低い車で手が出しやすいのが魅力ですが、併せて走行距離が走っているのも現状です。

アルテッツァをお探しの方は、焦らずじっくりと良い車両を見つけて下さい。
以上で、簡単ではございますが愛車の紹介とさせて頂きます。